←HOME / ゴーゴーエレキ      
★バックナンバー (2010 PC版)
サウスベイの なんちゃってBMXをモディファイ!

昭和フラッシャー大作戦

 

新品購入して1週間位経ってから、ハンドルのガタが少し気になりはじめました。
ルイガノを買ったお店で一度調整してもらったんですが、またすぐダメになってしまったんです。 ど〜見てもヘッドセットのガタが・・・! で、メーカー(サウスベイ)に直接メールしてみました。 実際購入したのはアマゾンなんですが、アマゾンはクレームに対しては・・・(経験あり)なので直接問い合わせたわけです。
BAJAは70年代ヤマハのモトバイクのレプリカですが作っているのは・・・ 実際、作りも剛性もイマイチ、塗装なんかはイマ2なんですが、今回のクレームメールに対しての対応はバツグンで、普通メーカーが最初にやる客を疑うことは一切せず、まず自社の非からスタートでした。正直その時の対応で僕は「許す!」って感じでした!! ★取り敢えず疑わしいパーツさえ送ってもらえばこちらで直すと伝えたら、下の写真(最左)のヘッド周りを送ってきてくれました。 先週、某有名サイクルショップでもみてもらったんですが1日預からせてもらわないといけないと言われていたので取り敢えず自分でやってみよ〜ってことで・・・ が! いきなり36mm開くスパナが無い! 「ん〜」 どっちにしてもショップ修理に出せば2、3千円は取られるので・・・ 夕方ホームセンターでモンキー買ってきました! 
結局、ヘッドセットの上わんと中のベアリングを交換し締め付け調整してガタはバッチリ直せました。 所要時間30分弱 
     ↑メーカーから送られてきたパーツ
 

 
 スポンサーリンク



 ▼キーキー音の出るバンドブレーキを交換!

BAJAのブレーキをバンドからメタルリンク(DIA-COMPE / MLB-50)に交換しました! バンドブレーキのままでも制動力に不満があったわけでもないんですが、後々バンドBは鳴き出しますからね〜 イチバンの交換理由は単にルックスです! このリンクブレーキ、放熱板が付いてるんでパッと見ディスクBみたいでカッコ良いのです。…値段も安いし!! バンドブレーキがなかなか外せなかったので、何だかんだでトータル40分位かかりました〜 自転車屋さんに頼めば工賃込みでたぶん5〜6千円だと思うんですが、セコく自分で交換したので送料込みの2,840円ですみました。 ついでにリボルバータイプのペグをビルトイン!

↓ちょいとコンパクトにプチ整形!




↓フラッシャー搭載バージョン
70年代フラッシャーのデッドストック(ナショナル/NL-711)をオークションでゲットできたので、早速装着しました! 単2電池3本で駆動します。 写真には映ってませんがフロントにはオレンジ(L・R)があります。 僕と同世代の昭和30年代後半生まれの人には懐かしくてしょうがないんじゃないですか!? 送料込みで6千円ちょっとでGETできました。 僕がオークションで落とす前に中古が4千円近くで落札されたんですが…「待ってて良かった〜」って感じです。


このサウスベイBAJA(バハ)は70年代にヤマハが出したモトバイクのレプリカでこの他に7速のモデルもあるんですが、最初BMXを買うつもりで色々探していたのでシンプルに1Sモデルに決めました!
フラッシャーは写真を撮るために取り付けたので、現在は外してあります。 ただでも目立つ自転車なのでフラッシャー装着状態で走ると視線バンバンです!! 飾りのリアにあるディレーラーガードは現在フロントに装着して、リアはリボルバータイプのブラックのペグを着けてます。 後日アップします。
フルサスなのでタイトなトリックはできませんが街乗りにはサイコーですね〜


----- スポンサーリンク -----





GO GO ELEKI!